記事一覧

白黒プロテクションナイツ3(モダン)

前の記事でとりあえずリスト化してみたものの、ゲームプランとかあんまり考えてなかったガバガバ構築。

リスト眺めながらどうやって戦おうかなぁなんてぼんやり考えて以下の結論に至りました。


1.
《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader(MM2)》に剣を装備して、他になんらかのパンプでパワーを5以上にして2回殴って勝ち。

二段攻撃なのでパワー5あれば1回の攻撃で10点ダメージが通る。
しかも本体が緑黒プロテクションをもってて、青赤剣か白赤剣あたりを装備すると4色プロテクションでほぼブロックされない上に単体除去も効かないのでかなりオラつける。

さらに、二段攻撃は1回目の攻撃(先制攻撃)と2回目の攻撃(通常攻撃)それぞれで剣の能力が誘発するので
例えば《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace(NPH)》を装備して、相手の手札が4枚以上あり、《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader(MM2)》のパワーが6あれば
戦闘ダメージ6点+剣の能力ダメージ4点が2回通って合計20点でワンキルが成立する。

フェッチ起動が2回、あるいはショックインや《思考囲い/Thoughtseize(THS)》等で相手のライフが18点ならば相手の手札が3枚や、あるいはパワーが5でも18点ダメージで足りる。

なんなせよ、《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader(MM2)》のパワー+相手の手札枚数が、相手のライフの半分を超えていればワンキル。



2回殴って勝ちのラインで言えば、ただただ《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace(NPH)》を装備しているだけでも相手の手札がたった1枚あれば5点ダメージ×二段攻撃×2回で済む。

他に、《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice(DST)》を装備していれば、これでも白以外の4色プロテクションになり、《ショック/Shock(AER)》を2発+2ドローとか宇宙過ぎる。

《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine(MBS)》なら2ハンデス+土地2回アンタップ(1回目のアンタップ後にインスタントを唱えられれば有意義)、《光と影の剣/Sword of Light and Shadow(DST)》で6点ゲイン+墓地のクリーチャー2枚回収。

デッキ名、ミラディンの十字軍ソードに改名した方がいいのでは???



2.
《ファイレクシアの十字軍/Phyrexian Crusader(MBS)》に剣を装備して他になんらかのパンプをして、パワー5オーバーで2回殴って毒殺。

相手のライフが5000兆点あっても勝ち手段があるのはいいこと。

こっちはプロテクション赤白なので、4色プロテクションにしようと思ったら緑黒剣ということになります。



とりあえずこの勝ち筋を元にデッキを再構築します。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント