記事一覧

青黒機械化製法 改め 青黒宝物

機械化製法デッキというより宝物デッキに変わってしまったので
青黒宝物と名乗ることにします。

クリーチャー5
4《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk(KLD)》
1《マリオネットの達人/Marionette Master(KLD)》

呪文31
4《選択/Opt(XLN)》
2《呪文貫き/Spell Pierce(XLN)》
2《本質の散乱/Essence Scatter(AKH)》
3《至高の意志/Supreme Will(HOU)》
4《呪文詐欺/Spell Swindle(XLN)》
4《海賊の獲物/Pirate's Prize(XLN)》
1《明日からの引き寄せ/Pull from Tomorrow(AKH)》
3《ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt(XLN)》
4《致命的な一押し/Fatal Push(AER)》
1《バントゥ最後の算段/Bontu's Last Reckoning(HOU)》
2《アズカンタの探索/Search for Azcanta(XLN)》+《水没遺跡、アズカンタ/Azcanta, the Sunken Ruin(XLN)》
1《機械化製法/Mechanized Production(AER)》

土地24
4《異臭の池/Fetid Pools(AKH)》
4《水没した地下墓地/Drowned Catacomb(XLN)》
2《廃墟の地/Field of Ruin(XLN)》
7《島/Island》
7《沼/Swamp》

前回リストからの変更点

OUT
1《機械化製法/Mechanized Production(AER)》
1《バントゥ最後の算段/Bontu's Last Reckoning(HOU)》
4《ヒエログリフの輝き/Hieroglyphic Illumination(AKH)》
2《否認/Negate(AER)》

IN
3《至高の意志/Supreme Will(HOU)》
1《明日からの引き寄せ/Pull from Tomorrow(AKH)》
2《アズカンタの探索/Search for Azcanta(XLN)》
2《呪文貫き/Spell Pierce(XLN)》


(機械化製法が結局1枚になってしまった非力な私を許してくれ・・・)

否認を呪文貫きに変えましたが、もともとサイドに呪文貫きを採用していて
それを否認と入れ替えた形です。

呪文貫き

先攻4ターン目に海賊の獲物を唱えた後、宝物で後手4ターン目のチャンドラをカウンターできる点で安心感があって。

海賊の獲物を採用してる都合で1マナのカードが扱いやすいんですよね。
プッシュも構えられる(しかも紛争達成できる)ので1マナのインスタントは重要。
さすがに宝物つかって選択はほとんどやりませんが・・・。

ほかに、黒が入ってるデッキのサイドに必ずと言っていいほど3、4枚採用されている脅迫。
こちらが先攻の場合に限り呪文貫きでカウンターできる。



あと至高の意志の存在はすっかり忘れてましたね。
4マナのカードがすごいかぶってるなか、3マナのアクションがほぼ0だったのですっぽりはまりました。
(3ターン目にバントゥ最後の算段を唱えることはほぼない)

ヒエログリフを採用していたのは、機械化製法で奔流をコピーしたときに使えるインスタント呪文が欲しいという意図があったので
その点も至高の意志は合致していていいカード。


それと、昨日10/14のスタンダードショーダウンでやったことなんですけど、
土地が7マナ起きてて、宝物が12個の状態。
手札がバントゥ最後の算段2枚と明日からの引き寄せ1枚。

明日からの引き寄せ

相手土地5マナだけで、冠毛の陽馬を唱えてきて、盤面に絆魂持ちクリーチャーがいたのでカウンター必須な状況。

X=7で引き寄せを唱えて(9マナ使うので宝物2個使用)、7枚ドローしてバントゥ最後を捨てて、
奔流を引き込めたので宝物6つ使ってキャスト、CIPで墓地の呪文詐欺を唱えて
宝物5つ回復!結局、宝物9つ残り。

15マナも使うムーブができて、これがめっちゃ気持ちよかったw

ということで宝物でマナがいっぱい出せる点で相性がいい明日からの引き寄せがいい感じに働いてくれました。
インスタント7ドローはやばいね。脳汁ブシャー不可避



上記のリストとは一部異なる内容のデッキを使ってある程度戦って、思ったよりちゃんとコントロールデッキとして戦えて楽しかったし、そこそこ勝てているので
じゃあちょっとお金かけて強くするかー的なノリでアズカンタの遺跡も採用。
(まだ買ってない)

てかアズカンタの遺跡高くなりすぎでしょ!
あとなんか異臭の池もやたら値段上がってるっぽい?
晴れる屋の700円買取ツイートみてマジかよってびっくりしました。今青黒がアツい。


話を本筋に戻して・・・

趣味で採用しているマリオネットの達人で勝つことが度々あるし、
機械化製法でエクストラウィンすることもあるし、
機械化製法で奔流コピーして圧殺もあるある。

なにそれ、って機械化製法のテキスト確認される瞬間が気持ちいい!

だけど2枚引いて事故って負けは嫌なので1枚だけは採用。
何度か勝てているっていうのが採用に至らせるだけの価値を保っているという感じw

ある種、副陽みたいなもんでしょうか。
奔流で殴り殺すか、副陽で勝つか、という副陽デッキに対し、
このデッキでは奔流で勝つか、宝物・機械化製法で勝つか。


リソース枯らしたころに奔流に機械化製法貼り付けて相手にヤバイって言われるのが楽しかったり
お互いにリソース尽きてトップ勝負してるところで、宝物だけ9個もあってトップ機械化製法で貼り付けて
次のアップキープで勝ったりとか。

もともと考えていたものとはかなりかけ離れた形になりましたが・・・
ちゃんと機械化製法でエクストラウィンが決まるときが時々あるのでよしとする。


ところで現行のサイド

2《本質の散乱/Essence Scatter(AKH)》
2《否認/Negate(AER)》
2《過酷な精査/Harsh Scrutiny(KLD)》
3《強迫/Duress(XLN)》
1《バントゥ最後の算段/Bontu's Last Reckoning(HOU)》
1《ヤヘンニの巧技/Yahenni's Expertise(AER)》
1《失われた遺産/Lost Legacy(KLD)》
1《没収/Dispossess(AKH)》
1《没収の曲杖/Crook of Condemnation(HOU)》
1《スカラベの神/The Scarab God(HOU)》

衰滅が欲しい今日この頃。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント