記事一覧

緑単タッチ赤ガルタ

ガルタのデッキをずっといろいろ考えてて、やっとまとまったので久々にブログ更新。

原初の飢え、ガルタ

調整してたら一瞬だけロナスとロナス抵抗とガルタが全部抜けたのは秘密

クリーチャー20
3《大物群れの操り手/Drover of the Mighty》
3《不屈の神ロナス/Rhonas the Indomitable》
3《群棲する猛竜/Ranging Raptors》
4《切り裂き顎の猛竜/Ripjaw Raptor》
2《レギサウルスの頭目/Regisaur Alpha》
2《殺戮の暴君/Carnage Tyrant》
3《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》

呪文20
3《雷群れの渡り/Thunderherd Migration》
4《ロナス最後の抵抗/Rhonas's Last Stand》
3《顕在的防御/Blossoming Defense》
2《英雄的介入/Heroic Intervention》
3《捕食/Prey Upon》
2《凶暴な踏みつけ/Savage Stomp》
1《リシュカーの巧技/Rishkar's Expertise》
2《造命師の動物記/Lifecrafter's Bestiary》

土地20
4《隠れた茂み/Sheltered Thicket》
4《根縛りの岩山/Rootbound Crag》
4《ハシェプのオアシス/Hashep Oasis》
1《山/Mountain》
7《森/Forest》


赤要素は2枚採用したレギサウルスの頭目だけ。

・赤マナ供給
土地で赤マナ供給源が9枚に加えて、山をサーチできる群棲する猛竜、雷群れの渡りが3枚ずつ。
マナクリで大物群れの操り手もいるので、赤マナは十分出る。

・除去
緑単とか組んだことなかったから除去ってどうするねんって悩んだんですけど、なるほどそういえば緑の除去は格闘だった。
で、カラデシュ~イクサランの相克までのカードリストとにらめっこしてたら
結構豊富にあるんですね、各エキスパンションで必ず1枚はある。

■格闘を行うタイプ
弱者狩り(KLD)弱者狩り(RIX)凶暴な踏みつけ

弱者狩りまた再録されとるw
4マナは重すぎるのと、単純に凶暴な踏みつけという上位互換があるのでまず出番はない。

捕食襲撃

+1/+1カウンターが乗らなくなるとグッと軽くなって捕食、1マナ増えるとインスタントになって襲撃に。


活力のカルトーシュ活力の試練

これはカウンターじゃなくて修正ですがまあほとんど似たようなもんでしょう。むしろトランプルつくことのほうが大事。
活力の試練とのパッケージは、これで出てくるトークンが単体でロナスを起動させられる点が魅力的で
ちょっと考えたんですけどさすがに力不足と判断して却下。


■一方的にダメージを与えるタイプ
自然の流儀待ち伏せ巨怪の猛攻

自然の流儀と待ち伏せはどちらもそこそこ優秀に見える。
巨怪の猛攻は重過ぎる・・・パワーの合計だったとしても重い。

パワーの合計で割り振り+刹那でもついてりゃあ使わなくもない。
欲を言えばプレイヤーにも飛ばしたいけどそれは色の役割から外れるか。赤緑の多色カードになりそう。

とまあなかなか選択肢が多くて悩むところ。
群生する猛竜と切り裂き顎の猛竜(どっちも猛竜でややこしい)が激昂をもっていて、それを誘発させるために格闘呪文を優先。
あとロナスで格闘すると接死のおかげで一方的な確定除去に化ける。

・息切れ防止
切り裂き顎の猛竜と造命師の動物記のドローでリソースを回復・維持したい。

あとは・・・ロマン枠というか趣味枠というか。リシュカーの巧技をどうしても入れたかったので1枚だけ採用。
ガルタで12枚ドローしたいやん?終了ステップに大量に手札を捨てる未来が見える。

まあそれでなくてもパワー5のクリーチャーがロナス最後の抵抗のトークンを含め7枚、パワー4まで含めると13枚。
暴君はパワー7もあるし、呪禁がついてるから除去されにくくドローに繋げやすい。

ということで使えれば大量ドローが狙えるのでデッキとの相性自体は悪くないと思う。



ところで恐竜デッキを組むときの2マナのマナ加速をみていたら
大物群れの操り手、雷群れの渡り(条件付き)、オテペクの猟匠で3種類もあって
12枚もとれるのに、4マナの恐竜で有用なのが切り裂き顎の猛竜しかないのがめちゃくちゃ惜しい。

マナ加速自体は上記に加えて群生する猛竜もあるので、ランプ恐竜ちょっとやってみたさあるw
ガルタやロナスが全部抜けた、ってのはこのランププランを考えてたときでした。

コメント

No title

2tキランの真意号→3tむら気な長剣歯→4t原初の飢え、ガルタ
が強ムーブな気がします。
対空戦もケアできるし、ロナスも使いやすくなるし、3tめに4点ダメージも叩けるしで。

4隠れた茂み
4根縛りの岩山
8森
4山

4恐竜との融和
4捕食
2自然の流儀
4投げ飛ばし
4キランの真意号

4血に飢えた振起者
4大物群れの操り手
3血怒りの喧嘩屋
4むら気な長剣歯
3不屈の神ロナス
4原初の飢え、ガルタ

こんな感じでどうでしょう。
この構成ならワンチャン3t目にガルダで殴れますし。(ほぼ確率0ですが)
最重でも3マナですし、土地の枚数も20枚でいけるのではないかと、勝手に妄想しております。
伝説がいっぱいなので、ダブった時の対応で血怒りの喧嘩屋を考えております。
柔軟性が皆無なので、ロマンデッキですね。(笑)

Re: No title

コメントありがとうございます!
キランの真意号のアイデアもらい!全然気づきませんでした。
あと投げ飛ばしも検討w

3ターン目にガルタで殴るのよく思いつきましたね・・・
リスト見たうえでなお「え?無理じゃね?」とか思った俺はまだまだ甘いなあと感心するばかり。

1ターン目 振起者
2ターン目 大物群れ→速攻付与して振起者
3ターン目 長剣歯で追加土地置いてガルタ、速攻付与

2ターン目にマナクリ速攻付与で2アクションとれることに気づくのにだいぶ時間を要してしまった、


> 2tキランの真意号→3tむら気な長剣歯→4t原初の飢え、ガルタ
> が強ムーブな気がします。
> 対空戦もケアできるし、ロナスも使いやすくなるし、3tめに4点ダメージも叩けるしで。
>
> 4隠れた茂み
> 4根縛りの岩山
> 8森
> 4山
>
> 4恐竜との融和
> 4捕食
> 2自然の流儀
> 4投げ飛ばし
> 4キランの真意号
>
> 4血に飢えた振起者
> 4大物群れの操り手
> 3血怒りの喧嘩屋
> 4むら気な長剣歯
> 3不屈の神ロナス
> 4原初の飢え、ガルタ
>
> こんな感じでどうでしょう。
> この構成ならワンチャン3t目にガルダで殴れますし。(ほぼ確率0ですが)
> 最重でも3マナですし、土地の枚数も20枚でいけるのではないかと、勝手に妄想しております。
> 伝説がいっぱいなので、ダブった時の対応で血怒りの喧嘩屋を考えております。
> 柔軟性が皆無なので、ロマンデッキですね。(笑)

No title

先手番で3t目までにもらえる9枚のカードは固定。
(タンプインしない土地4枚・且つ1t目に赤マナ出せる土地がなければならない、血に飢えた振起者2枚、大物群れの操り手1枚、むら気な長剣歯1枚、原初の飢え、ガルタ1枚)
おまけに3tまで全く妨害されなければ、実現可能でしょうけど。
ま、ほぼ0ですわな。

ガルタは返しの除去に弱いんで、速攻付与か対応投げ飛ばしが無いと召喚しづらいかなと思います。
ランプ系よりは速いデッキのはずなので、ランプよりはコントロールデッキに耐性があるとは思いますが。
自然の流儀あたりを無くして、土地を増やし、青マナ出せる土地構成にして、SBにカウンター取れるようにするのもありかと思います。

コメントの投稿

非公開コメント