記事一覧

赤緑恐竜

赤緑激昂(万猛竜)、回してみた感想。

群生する猛竜を使ってのマナ加速は十分できて、8マナ出すのは
割と容易でした。

ただ、ダメだったのが・・・

マナ加速の過程で味方にダメージを与えるカードを使いまくる必要があるので、万猛竜が出るころには
味方にダメージを与えるカードがなくなっているという、構造的な欠点が浮き彫りに。

受け身の激昂は全然強くないってのも問題で、万猛竜を出して相手からの戦闘ダメージによる激昂誘発を狙うとする。
相手が赤緑系のデッキなら抑止力としては十分働くんだけど、黒や白が相手だとダメージによらない除去を普通にやってくるから
激昂が飾りにしかならない。


ということで、8マナ出てから万猛竜出しつつ味方へのダメージソースを残すというのは無理!
構造的欠陥により解体!
という結論に。


でもデッキパーツ残ってるしなーー
ってことで普通に恐竜デッキへ組み換えました。

クリーチャー28
4《オテペクの猟匠/Otepec Huntmaster》
4《大物群れの操り手/Drover of the Mighty》
4《群棲する猛竜/Ranging Raptors》
4《切り裂き顎の猛竜/Ripjaw Raptor》
4《レギサウルスの頭目/Regisaur Alpha》
4《殺戮の暴君/Carnage Tyrant》
4《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》

呪文10
3《無謀な怒り/Reckless Rage》
3《凶暴な踏みつけ/Savage Stomp》
4《苛立ち/Rile》

土地22
4《隠れた茂み/Sheltered Thicket》
4《根縛りの岩山/Rootbound Crag》
2《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds》
4《ハシェプのオアシス/Hashep Oasis》
5《山/Mountain》
3《森/Forest》

クリーチャー全部雑に4枚入ってるの気持ちよさある。

激昂パーツは残しました。
特に苛立ちがめちゃくちゃ使いやすかった。キャントリップつきセルフ1点火力ホントえらい。
トランプルはオマケ。

万猛竜は赤緑系相手にはサイドからとってもいいかなと思う(というか使いたい)ので
サイドに2枚だけ残します。ありがとう万猛竜。



ところで全然関係ない話なんですけど
ブログトップにある、ブログの説明文をかえました。

ブログトップ

基本でないああああは勇者である。

名前を入れてください→ああああ
「勇者ああああ!魔王を倒してこの町(次元)を救ってくれ!」

勇者というよりプレインズウォーカー?


サイドボードメモ。
身内メタ。
サイドボード
2《歩行バリスタ/Walking Ballista》
2《万猛竜/Polyraptor》
2《顕在的防御/Blossoming Defense》
3《英雄的介入/Heroic Intervention》
2《真っ二つ/Slice in Twain》
3《焦熱の連続砲撃/Fiery Cannonade》
1《没収の曲杖/Crook of Condemnation》

コメント

コメントの投稿

非公開コメント