記事一覧

赤緑モンスター(エネルギー)

赤緑モンスター、別名グルールモンスター。

最近、遊戯王プレイヤーの会話を小耳にはさんだときにに「シャドールモンスターをうんぬん・・・」って話してて、
グルールモンスターみたいな名前やなとか思ったけどよく考えたら普通にシャドールっていうカテゴリのモンスターのことだった。

(※遊戯王では、クリーチャーカードにあたるカードを「モンスターカード」といい、その中でも共通の名前を冠するモンスターは
カテゴリとして扱われます。たとえば、上記でいうと、シャドールという名前の付いたクリーチャーがたくさんいて、それらを総称して
シャドールモンスターという呼び方をします。)


遊戯王めっちゃ長いことやってたのにもう〇〇モンスターってきいたらMTGのクリーチャーデッキを連想してしまう・・・w

逆に遊戯王的に言えばグルールモンスターはグルールというクリーチャー群を擁するカテゴリになるのか。
ありそう。

ということでデッキリスト。
クリーチャー29
4《通電の喧嘩屋/Voltaic Brawler》
4《導路の召使い/Servant of the Conduit》
4《風雲船長ラネリー/Captain Lannery Storm》
3《不屈の神ロナス/Rhonas the Indomitable》
2《逆毛ハイドラ/Bristling Hydra》
4《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
4《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
4《殺戮の暴君/Carnage Tyrant》

呪文8
4《削剥/Abrade》
4《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》

土地23
2《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds》
4《霊気拠点/Aether Hub》
4《根縛りの岩山/Rootbound Crag》
4《隠れた茂み/Sheltered Thicket》
4《森/Forest》
5《山/Mountain》

とりあえず好きなカードをマナカーブに沿りつつも雑に入れた。

目指すところは単純、クリーチャーを展開して殴って殴ってひたすら殴って勝ち!
すごい分かりやすい構成。脳死でマジックできる。
重いクリーチャーも結構採用されていますが、その辺は導路の召使いとラネリーのマナ加速を活かしたいところ。

エネルギー関連のカードが霊気拠点を除いて14枚はいってるので、エネルギーデッキとしての側面も。

アドバンテージを得られるカードがほとんどないので、除去を的確に当てられると厳しそう。

とは言え、ロナス、ハイドラ、フェニックス、暴君等の除去耐性のある生物も充実しているので
簡単には崩れないはず!


サイドボードメモ。
身内メタ。
サイドボード
3《貪る死肉あさり/Deathgorge Scavenger》
3《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》
3《英雄的介入/Heroic Intervention》
3《マグマのしぶき/Magma Spray》
2《ヴァンスの爆破砲/Vance's Blasting Cannons》
1《没収の曲杖/Crook of Condemnation》

コメント

コメントの投稿

非公開コメント