記事一覧

トラヴァースシャドウ

前回スゥルタイ昂揚以来、久々のモダンの記事です。

実はこのデッキを組んだのはおそらく12月中で、上記スゥルタイ昂揚を組んで割とすぐこっちにパーツ流して組み替えてました。
ただ別に記事にするほど目新しいデッキでもないというか、ちょこちょこいろんなサイトとかで出てたので
記事にしてなかったんです。

最近はメタゲームが回っていくなかでの影響なのか、グリクシスシャドウの一部がトラヴァースシャドウに変化してる感じがあって
注目度も上がってるかな?

今回記事にしようと思ったのは、
・ジェイスを使う新しいデッキを組むにあたりパーツをこのデッキから引き抜く必要があり、解体するため。
しゃみおつぜみ氏にいいアイデアをもらったのが楽しかったからそれを紹介したい。

という2つの理由により。


早速デッキの紹介を。

クリーチャー13
4《死の影/Death's Shadow》
4《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
4《通りの悪霊/Street Wraith》
1《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager》

呪文31
4《思考囲い/Thoughtseize》
4《エムラクールの囁き/Whispers of Emrakul》
2《致命的な一押し/Fatal Push》
1《四肢切断/Dismember》
3《稲妻/Lightning Bolt》
2《タール火/Tarfire》
2《炎の印章/Seal of Fire》

4《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald》
4《ミシュラのガラクタ/Mishra's Bauble》
2《ティムールの激闘/Temur Battle Rage》
3《頑固な否認/Stubborn Denial》

土地16
4《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1《湿った墓/Watery Grave》
1《血の墓所/Blood Crypt》
1《草むした墓/Overgrown Tomb》
1《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
1《沼/Swamp》
1《森/Forest》


4Cにしてヴェリアナをあきらめて頑固な否認を採用してます。

で!
上記でいいアイデアと書いたのが、エムラクールの囁き。

エムラクールの囁き トーラックへの賛歌

こんなカードあったんやな!
マナ拘束が緩くなったヒムってかいてあるぞー!これは使いたいww

ってなって採用。
タルモを育てるため+素早く昂揚を達成するために、タール火や炎の印章まで採用しています。

部族やエンチャントといったあまり墓地に落ちにくいカードを採用して、すばやい達成を狙うように構築しています。

で、肝心のヒム・・・もといエムラクールの囁きですが

フェッチ、通りの悪霊、ガラクタがそれぞれマナをかけることなく落とすことができるので
1ターン目にインスタントかソーサリーか部族かエンチャントを落とせれば2ターン目にヒムが撃てる!

1ターン目フェッチでショックイン囲いから2ターン目悪霊ガラクタで昂揚達成してショックインしてヒム撃ったら半分勝ったようなもんですね。レガシー並みの動き。
ライフ10点減ってるのでもう死の影出せますし。


ただし、ホロウワン対策に流行るかもしれない強情なベイロスには気を付けたいですね。
意気揚々とヒム撃って出されて4点も回復されたらさすがに負ける。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント